大石不動院の縁起
不動明王像

 弘法大師開祖のお寺
 石勝山金常寺不動院は、弘法大師空海上人が開創と伝え、今から約1,200年前の弘仁 3年(812年)に建立された真言宗のお寺です
 
ご本尊の不動明王像は、弘法大師が当地を訪れた時、当地の青石を刻んで安置したと伝えられています、霊験あらたかな古刹です。東海三十六不動尊霊場第25番札所・三重四国八十八ヵ所霊場74番札所でもあります
 

松阪城主古田重勝公が再建
現在の本堂は、今から 400年以上前の慶長 7年(1602年)当時の住職
政音和尚(しょういんおしょう)の時、松阪城主古田重勝公が再建したものです
 
再建より四百余年という年月を経て「平成の大修理・開祖1200年事業」と銘打って、平成21年から23年という期間を経て本堂・本堂屋根瓦・鐘楼堂の修復を致しました。
写真は修復前の本堂、修復後の写真はこちらからご覧頂けます

 

ご本尊・青石不動明王の草創
不動明王像

 
 
ご本尊の大きな不動明王像は、今から約 1,200年前の(812年)弘仁 3年 9月に
弘法大師が当地を通行された時、当地の青石で持って不動明王を刻み本尊として安置されたと伝えられています

 
 
滝の下の草庵に住む老翁が、弘法大師と出合った折
「大師を待つこと久し、ここに一堂を建立せよ。」と告げた事が、きっかけになったと記録されています。老翁は香取・鹿島大明神の化身とされ、本堂から石段を登り切ったところに祀られています

香取・鹿島大明神
不動明王像

 
 
写真は、香取・鹿島大明神参道から、櫛田川を撮ったものです。ここは大石町の町名の通り御影石や青石などが多く、櫛田川から境内そして、山には奇岩や奇石が多く、三重県立公園「香肌峡」にふさわしい眺めをなしています


 
大石不動院の縁記

 
大石不動院にはみどころがたくさんあります。
県下唯一国道から眺められる不動滝、桜の名所としても有名です。秋には境内全体が紅葉で赤く染まります
 
他にも天然記念物ムカデ蘭の群生するほうろく岩や素晴らしい眺めの展望台
大師堂から展望台まで「息を切らさずいっきに登る」と 5歳若返ると言い伝えがあります。一度挑戦されては如何でしょうか
 

大石不動院の縁記

鐘楼堂と桜

本堂と桜

国道166号を見守る桜

本堂前 紫陽花

滝近くの紫陽花

大師堂裏手の紫陽花

大師堂までの階段より

大師堂と紅葉

本堂より覗く大紅葉


 
国道から眺められる不動滝は県下唯一国道から眺められる不動滝は県下唯一
梵鐘は有名な蛸路の天命安弾(てんめいあんだん)の作です梵鐘は有名な蛸路の天命安弾(てんめいあんだん)の作です
天満宮は菅原道真公をお祀りして天満宮は菅原道真公をお祀りして
弘法大師坐像と薬師如来三尊が祀られています弘法大師坐像と薬師如来三尊が祀られています
弘法大師坐像と薬師如来三尊が祀られています弘法大師坐像と薬師如来三尊が祀られています
天然記念物「ムカデラン」の群落するほうろく岩天然記念物「ムカデラン」の群落するほうろく岩
櫛田川、多気町波多瀬地区が一望できます櫛田川、多気町波多瀬地区が一望できます