大師堂

古くから親しまれるお大師さん

大師堂は、天満宮から石段を15段登るとあります。
 
天保 4年(1833年)、住職慧照和尚(けいしょう)の時、飯南郡深野村(現在の飯南町深野)の庄屋 野呂一之進が先達で建立したもので、弘法大師坐像と薬師如来三が祀られています。平成14年(2002年)11月に、屋根瓦の葺き替え等の修復をしました。平成14年(2002年)11月に、屋根瓦の葺き替え等の修復をしました。

  大日堂

高台で発見された大日如来像

平成27年6月5日、大師堂横の本堂を見下ろす高台の岩陰にて、真言宗本尊である大日如来の石像が発見された。石像は高さ三十五センチ、厚さ五センチ。光背に浮き彫りにされている。 
信者の皆様からの奉賛金により、周囲の整地、大日堂の完成を持ち、平成29年9月1日落慶法要を執り行われた。

  大石稲荷

商売繁盛と安全の守り神

大師堂の左裏に「大石稲荷」がお祀りしてあります。
大師堂の中に安置されていたのを平成14年11月新しく再建しました。繁栄のご神徳があるので、商売繁盛と安全を祈願して商店の人々や 、営業をする方々が参拝にみえます。