1.png 2.png 3.png 4.jpg 5.jpg

  不動院からのお知らせ

今月の言葉

10月 神無月(かんなづき) 御宝号「 南無大師遍照金剛 」

          
 御宝号「南無大師遍照金剛 」真言宗でお唱えする一番短い御経です。
 
 弘法大師様は、唐(とう・中国)の長安に渡り、そこで青龍寺の恵果さまに出会われ、両部の灌頂の儀式を受け、「遍照金剛」という名を授けられ、密教の正当な継承者と認められました。
 
「遍照」とは胎蔵界大日如来の「慈悲」
「金剛」は金剛界大日如来の「智慧」を表し
「この世の一切を遍く(あまねく)照らす最上の者」意味です。
 
 弘法大師様は、この世の未来に、幸を求める者が一人でもいる限り、その人々を守り導いていく、とご誓願され、高野山奥の院「ごびょう」に御入定されました。
 

境内崩落箇所修復奉賛金のお願い

 近年益々増加の一途を辿る鹿、猪による参道破壊により、修復を重ねて参りましたが、先月からの大雨により、境内参道の各所に崩落が起き、大規模な修復が必要な状況となってまいりました。つきましては、対策の一環といたしまして、皆様からの奉賛金を受け付けております。お納めいただいた奉賛金は境内の参道、参拝所維持、修復のために大切に使わせていただきますので、何卒趣旨をご理解の上、皆様のお力添えとご協力を賜りたくお願い申し上げます。

                 大石不動院住職 岡本俊光