不動院からのお知らせ

大石不動院八朔まつりのご案内

イベントの予定時間
 

831日(金)
八朔祭祈祷会(宵宮)
午後4

「香肌なごし太鼓」の奉納演奏、日頃の練習披露。大江中学生による和太鼓で開始

午後430

宣伝隊の皆様による「松阪の唄」を披露

午後5

大石幼稚園児たちの演舞や踊り

午後530

健康体操披露、ときめき皆様

午後6

大石こまちの皆様による「元気な踊りステージ」

今年はステージと本堂下の盆踊り・しょんがい音頭と二箇所で行います

盆踊りのヤグラに移動

午後630

本堂下の「やぐら」のまわりで「手踊り」大石幼稚園児、大石こまちが、踊り始め、女性青年ら大勢が自由に参加して{しょんがい}等歌に合わせて楽しく踊る。見るのも楽しいが踊るのも楽しい。是非ご参加ください。本堂では護摩祈祷を行います

午後7時頃

ステージにて、ギター演奏や書道で書いた護摩木の奉納

午後745分頃

書道家 伊藤潤一氏の「書道パフォーマンス」を披露。今年の文字は?当日の発表をお楽しみに

大石町・小片野町・六呂木町民で結成された、石野木会の皆様による「石野木御所太鼓」の披露

午後8

花火大会=櫛田川の向こう岸で上げられる「仕掛け花火の開催」

午後830

再びステージで、930分頃までカラオケ大会

全ての宵宮終了は午後10時です

91(土)
八朔祭祈祷会(本日)

本堂で午前10時読経・護摩祈祷会
身代わり御守・護摩祈祷本堂で随時受け付けております

今月の言葉

八月 葉月(はづき) 「 報恩感謝の一日を過ごしましよう 」

 
 お墓参りをする人間の心情、報恩感謝の一日を過ごしましよう。
私達は、お盆が近づいてきますと心を込めて手を合わせお墓参りをします。
 
 常に、よく「不思議なご縁ですな」と、何となくつかっている言葉も、仏教の教えの中ではとても大切な言葉の一つです。
 「因」とは原因のことで、結果を生じる直接関係することだし、
「縁」とは「因」を助けることで、結果を生じさせる間接的な役割です。あるいは与えられた条件といった意味があります。
 
 「わたくし」という人間は、両親の結びつきにより、この世に一人の人間として生まれてきたわけですが
そのためには、それを可能とします。無数の間接の原因があったことを、忘れてはならないでしょう。
この縁の中で何よりも深く強いのが親子の縁です。「恩愛の情」です。
 

境内崩落箇所修復奉賛金のお願い

 近年益々増加の一途を辿る鹿、猪による参道破壊により、修復を重ねて参りましたが、先月からの大雨により、境内参道の各所に崩落が起き、大規模な修復が必要な状況となってまいりました。つきましては、対策の一環といたしまして、皆様からの奉賛金を受け付けております。お納めいただいた奉賛金は境内の参道、参拝所維持、修復のために大切に使わせていただきますので、何卒趣旨をご理解の上、皆様のお力添えとご協力を賜りたくお願い申し上げます。

大日如来の石像館建設設備への、ご賛同、奉賛金のお礼

 平成27年6月5日、大師堂横の本堂を見下ろす高台の岩陰にて、真言宗本尊である大日如来の石像が発見されました。
信者の皆様からの奉賛金により、周囲の整地、大日堂の完成を持ちまして、この度平成29年9月1日落慶法要を執り行いました。
建設にあたり、ご信徒各位、皆様に、この趣意にご理解、ご賛同、ご奉賛賜りましたこと、謹んでお礼申し上げます。

                 大石不動院住職 岡本俊光
世話人一同