不動院からのお知らせ

3月 弥生(やよい
今月の言葉 「 衆生(しゅじょう)の迷い 根本は我見(がけん)なり 」


衆生というものは、悟りが開けないために、私達の様に、つまらぬことで毎日あれこれと迷い苦しんでいる事であります
なぜそのように迷い苦しまなければ成らないかと言うと、その根本理由は「我見」と言うものがあるからです

 我見とは、自分に対して抱く執着心の事であります
欲望が強くなると自分を見失う。いわゆる欲ボケというやつで、自分が分らなくなってしまいます
普通の人間が持っている普遍的な間違いの根本が「我見」であることを示しています
「迷い」というものは、自分を中心として世界を観察する事によって起こる快・不快の感情と言う事であります

自分というものを、本来「無我」と悟れば、世界との摩擦は起こらず、したがって
迷いとか苦しみというようなものはなくなる。と言う事であります


                                                  不動院住職  岡本俊光


大日如来の石像等、館建設設備、奉賛金のお願い


平成27年6月5日、大師堂横の本堂を見下ろす高台の岩陰に、真言宗本尊である大日如来の石像が発見されました

毎月参拝する信者の皆様が、発見された石像を洗い、現在はその場に立て、お祀りしています
仏像専門家の話では相当古い物と見られます

今回、発見された石像は、長年の経年劣化により、一部風化しており
石像の状態保全の観点から、お祀りする館を建設、整備することと致しました
建設ににあたり、ご信徒各位、皆様に、この趣意にご理解、ご賛同を承り
ご奉賛(ご寄付)賜りますよう、謹んでお願い致します

大石不動院住職 岡本俊光  世話人一同