不動院からのお知らせ

今月の言葉

二月 如月(きさらぎ)「 今日1日の反省をしよう 」

 
 今日一日の終わりに心を静め、今日の出来事や人との付き合い、御縁などを振り返り反省をしましょう。良い出来事があったか?人に喜ばれることをしたか?人間として、1歩でも前進することが出来たかを反省する習慣をつけましよう。
 
2月3日九星気学のスタート、こうした積み重ねが人生の生きがいと幸福感と感謝の心に繋がっていきます。
年が明けて早ひと月。行事の多い正月は、賑やかで楽しい時も多く張り切って過ごすものの、一段落したころに体の不調を覚えるというのはよく耳にすることです。体は、意外と無理を重ねており、2月特有の寒さや乾燥が加わり、体調の悪化や風邪をひいたり、新たな健康トラブルの引き金となります。体を温め、代謝を促し、免疫力を高めることに配慮され体調をよく過ごしください。
 

2月3日節分・星祭(星供養)の護摩加持祈祷を厳修挙行致しました

 人それぞれの相当する当年星と、名前を呼び上げ、その歳の災いを除き幸せを増長・開運招福・厄難消除など、一人ひとり護摩祈祷致しました。
 
「御守護」と「福寿等お札」このお札等は、家族の当年星(生まれ年)によってその歳の災いを除き幸せを増長する様に開運招福、身体健全、無事成長、心願成就、厄除・厄祓い等一人ひとり護摩祈祷をしています。「御守護」は自分自身が財布の中かにお持ちになって、お札も自分自身が乗る自動車のボックスにしまって下さい。 または身近な所に大切に保管して下さい。

大日如来の石像館建設設備への、ご賛同、奉賛金のお礼

 平成27年6月5日、大師堂横の本堂を見下ろす高台の岩陰にて、真言宗本尊である大日如来の石像が発見されました。
信者の皆様からの奉賛金により、周囲の整地、大日堂の完成を持ちまして、この度平成29年9月1日落慶法要を執り行いました。
建設にあたり、ご信徒各位、皆様に、この趣意にご理解、ご賛同、ご奉賛賜りましたこと、謹んでお礼申し上げます。

                 大石不動院住職 岡本俊光  世話人一同