1.png 2.png 3.png 4.jpg 5.jpg

  不動院からのお知らせ

今月の言葉

2月1日 如月(きさらぎ) 
「 気を長く、心はまるく、腹たてず、言葉慎めば 命 ながかれ。 」

 

 
 年齢と共に脚の筋肉は、衰えてしまいます。
そこで見逃せないのが、下半身の筋肉は、第二の心臓と言われるほど、心臓と密接に関係しています。
 
通常は歩くことで下半身の筋肉が絞られ、血液が心臓に戻ります。
しかし、歩かなくなり下半身の脚の筋肉が十分に動かないと、血液が心臓にもどり、にくくなり、心臓の働きが低下します。
 
その結果、血液が全身にいきわたらず、様々な臓器にも影響が出てきます。 脚の筋肉は何歳からでも取り戻すことが出来ます。
筋肉は使わないと減少してしまう反面、使い始めれば何歳からでも筋肉が取り戻せることが、多くの研究結果からも実証されています。
 
毎日の食事、歩く運動、これからの大切な脚の筋肉を作る。

境内参道等、香取鹿島両大明神社殿修復奉賛金のお願い

 昨年の台風19号の被害が残る中、連日の大雨と強風により
大きな大木が倒伏、不動院境内、参道の展望台への各所に崩落が起きました。
大師堂まで車で行ける林道も土砂崩れで通行止めとなり簡易水道が壊れ、天然記念物の群生する岩の池が干上がり
数十年生きた鯉78匹を不動滝の流れる淵に逃がすなど大きな被害を受けました。
また、みだしの香取・鹿島両大明神の社殿、以前の修復から今年で約33年経過し老朽化が著しくこのまま放置でき難く
すでに鳥居や社殿の周りの館は腐って無くなっています。
 
新型コロナウイルス感染阻止状況、檀家の無い参詣寺から皆様に多大なご負担をお願いすることは大変恐縮に存じますが
何卒お力添えとご協力、ご尽力を賜りますよう宜しくお願い致します。

                 大石不動院住職 岡本俊光