1.png 2.png 3.png 4.jpg 5.jpg

 不動院からのお知らせ

今月の言葉

9月 長月(ながつき) 「 精進の心と禅定の心 」

 

 精進(しょうじん)の心=とは、努力を意味します。
仏教では、苦の原因を減ずる方法として「八正道」八っの正しい道と言う事を教えていますがその中にも精進があります。
精進=あくまでも正しい努力を実践したときが「精進」と言えるのです。
 
 禅定(ぜんじょう)の心=とは、禅と同じ意味で、座禅で知られており、散乱する心を鎮めて統一し、安定させることを示しています。むしろ日常のあらゆることが「禅定」修業の対象になるのです。
掃除する事等人間にとってあたりまえの行為がすべて「禅定」修業となります。 

境内参道等、香取鹿島両大明神社殿修復奉賛金のお願い

 昨年の台風19号の被害が残る中、連日の大雨と強風により
大きな大木が倒伏、不動院境内、参道の展望台への各所に崩落が起きました。
大師堂まで車で行ける林道も土砂崩れで通行止めとなり簡易水道が壊れ、天然記念物の群生する岩の池が干上がり
数十年生きた鯉78匹を不動滝の流れる淵に逃がすなど大きな被害を受けました。
また、みだしの香取・鹿島両大明神の社殿、以前の修復から今年で約33年経過し老朽化が著しくこのまま放置でき難く
すでに鳥居や社殿の周りの館は腐って無くなっています。
 
新型コロナウイルス感染阻止状況、檀家の無い参詣寺から皆様に多大なご負担をお願いすることは大変恐縮に存じますが
何卒お力添えとご協力、ご尽力を賜りますよう宜しくお願い致します。

                 大石不動院住職 岡本俊光