1.png 2.png 3.png 4.jpg 5.jpg

  不動院からのお知らせ

今月の言葉

5月1日 皐月(さつき) 
「 椿の花びらごとに 赤 白 ピンク色の輝き 」

 

 5月上旬から大石不動院裏庭にある椿の花が、赤色 白色 ピンク色と鮮やかに咲いています。
花びらごとに色や形、品種、様々で美しい・・・
 
人間に例えると色や、形、人種差別等 違いを認めることはとても難しい。それは相手を認めると言う事である。
 
 私たちは皆、他を自分の色に染めたい。
そして満足する。だから、それを拒否する様な人は徹底的に排除しようとする。
 
 仲の良いことは素晴らしいことである。しかしともすると、仲間以外の人を寄せ付けないようになりがちである。
仲間は群れたがる。ここからトラブルが生まれる。
 
 日本人同士だから仲良くするのではなくて、誰とでも仲良くしなければならないのである。
日本人だから、アメリカ人だから、いうのではなく、「人間だから」という立場が大切である。
 
 民族の問題でなく、その人その人にはその人なりの輝きがあり、光がある。
国境を超え、民族を超えて輝くその人の人間性に素晴らしさがある。
 
人生いろいろ、「みんな違ってみんないい」のである。

境内参道等、香取鹿島両大明神社殿修復奉賛金のお願い

 昨年の台風19号の被害が残る中、連日の大雨と強風により
大きな大木が倒伏、不動院境内、参道の展望台への各所に崩落が起きました。
大師堂まで車で行ける林道も土砂崩れで通行止めとなり簡易水道が壊れ、天然記念物の群生する岩の池が干上がり
数十年生きた鯉78匹を不動滝の流れる淵に逃がすなど大きな被害を受けました。
また、みだしの香取・鹿島両大明神の社殿、以前の修復から今年で約33年経過し老朽化が著しくこのまま放置でき難く
すでに鳥居や社殿の周りの館は腐って無くなっています。
 
新型コロナウイルス感染阻止状況、檀家の無い参詣寺から皆様に多大なご負担をお願いすることは大変恐縮に存じますが
何卒お力添えとご協力、ご尽力を賜りますよう宜しくお願い致します。

                 大石不動院住職 岡本俊光