学校紹介

学校教育目標 「学ぶ喜び、集う喜びのあふれる教育の創造」

「学ぶ喜びがあふれる」とは・・・少人数のメリットを活かしたきめ細やかな指導・支援・評価で、「わかる・できる」喜びを味わうことを通して自尊感情と学習意欲を育てます。

「集う喜びがあふれる」とは・・・いろんな人(異年齢の児童・生徒、他校の児童、地域の人々、専門家・達人など)とのふれあいを持つことで、思いやりの心・豊かな心を育てます。

めざす学校像

「みんなの思いや願いが響きあい、児童全員が『学校は楽しい』と実感できる学校」

 

めざす児童像

「なかよく 自分から 一生懸命」
(なかよくする子、自分から取り組む子、一生懸命行う子)


研究主題

「自ら考え、なかまとともに学びあう授業づくり」

 

今年度の学校経営方針より重点目標及び具体的な行動目標

(1)意欲的に学び、自ら考え、なかまとともに学びあう授業づくり
①複式の「わたり」の授業で、間接指導のときにも集中した学習が展開されるよう授業改善に取り組む。
②コミュニケーション能力を高めるため、話し合い活動やグループ学習を設定して、自分の思いや考えを場や状況に応じて伝える力を伸ばす。
③話し合いのルールや授業のきまり等の見直しを行って指導の一貫性を図ることにより、授業の効率化や意欲向上の指導に努める。

(2)主体的に活動し「学校は楽しい」と実感できる学校づくり・学級づくり
①挨拶や返事ができ、「ありがとう」が言える(感謝の気持ちがもてる)児童を育てる。
②児童会・委員会活動や日常の縦割り班活動、行事などの集団自治活動を充実させる。
③児童一人ひとりの理解を深め、一人ひとりを大切にした学級づくりに努める。

(3)幅広い交流・体験学習の充実
①地域とのつながりを大切にした地域学習・交流学習を行う。(地域等の人材を活用)
②地域との連携を深め、少人数に応じた行事や活動を実施する。
③近隣校と合同の行事や活動を進める中で交流を深める。

(4)確かな説明責任の遂行
①授業参観や行事等を通じて、積極的に保護者や地域に学校を公開する。
②HPや学校だより、学級通信等を通じて、積極的に学校の情報(学校評価や学校評議員会・学校関係者評価委員会の結果等の公表を含め)を発信する。

(5)よりよい職場づくりを進める。
職場の過重労働による健康障害の防止及び総勤務時間縮減の取り組みを進めるとともに、職員一人ひとりの強みが活かせる職場環境を整える。
①時間外労働時間は一人あたり月平均20時間、休暇取得は一人あたり年20.2時間を目標とする。昨年度と同様に、月80時間を越える時間外労働者0人を維持する。
②定時退校日を月2回設定するとともに、会議の開催時間は60分以内を目指し、通常の会議は4時30分までに終了するように努める。

 

校歌

作詞:大西 斎助  作曲:浜田 荘二


一  東に明ける   まとかたの
   吹井の浜や   櫛田川
   平和の里に   生まれきて
   われ等は育つ  すこやかに

二  菜種の春は   黄金色
   稲穂の秋も   こがね色
   栄ゆる里の   学び舎に
   われらは励む  ひとすじに

令和元年度(2019年度) 児童数・PTA会員数

平成31年(2019年)4月1日現在

学年 児童数 PTA会員数
1年 4 2
2年 7 2
3年 6 5
4年 5 5
5年 3 3
6年 6 6
合計 31 23