プロフィール

竹上まさとTakegami Masato

出身地
松阪市広瀬町生まれ
生年月日
昭和37(1962)年8月29日
家族
母・妻・長女
趣味
映画鑑賞、祭り
好きな言葉
鳥の目 虫の目
好きな食べ物
焼肉

■学 歴

昭和37(1962)年8月
松阪市広瀬町生まれ
昭和50(1975)年3月
松阪市立第四小学校卒業
昭和53(1978)年3月
高田中学校卒業
昭和56(1981)年3月
高田高等学校卒業
昭和61(1986)年3月
国立名古屋工業大学 土木工学科卒業

■職 歴

昭和61(1986)年4月
三重県庁入庁
平成14(2002)年8月
三重県庁退職
平成15(2003)年4月
三重県議会議員初当選
平成19(2007)年4月
三重県議会議員二期目当選
平成23(2011)年4月
三重県議会議員三期目当選
平成24(2012)年11月
三重県議会議員辞職
平成27(2015)年10月
松阪市長初当選

竹上まさと松阪市長4年間の実績!

竹上まさとは公約どおり、4年間で松阪市政を大きく改革しました!!

松阪市民の皆さま、そして次世代を守るために

借金
33億円減少!
貯金
16億円積み上げ!(直近決算数字)
計画見直しで公共下水道事業
520億円削減!
合併特例事業債の5年間延長により
66億円の財源確保!
ふるさと寄附金25品目4千万円から
250品目6億7千万円
竹上まさとは
公約どおり、
4年間で松阪市政を
大きく改革
しました!!
竹上まさと松阪市長

子育てでは教育と子育てを強力に支援しています。

プロジェクトチームにより小学生の学力向上中!
改善・5教科平均で全国平均以上に 学力テストH26年→H30年 最大6.7ポイントUP!
全普通教室など683教室にエアコン導入・全小中学校のトイレの洋式化
(平成30・31年度)
保育園の新設・改築により定員拡充!
440名定員増!
子ども医療費(0~6歳)の負担軽減と高校生までの助成拡大
(平成31年4月)
全公立幼稚園の3歳児受入れと全園給食化
その他にも◎放課後児童クラブの受入れ増「H26年:31クラブ817人→H30年:38クラブ1182人」◎一時預かり保育の創設と病児・病後児施設の増設で各2カ所に!

産業・経済では市長自らトップセールス、豊かな暮らしと職場を創生。

総投資額230億円、新規雇用460名 総投資額230億円、新規雇用430名
10年ぶりに新規進出など新規立地2件、本社移転3件含み、立地協定を13社締結!
若者の定住のために南三重若者就労支援協議会の創設!
<会長 松阪市長>

まちづくりでは安全で活気のあるまち、お年寄りや障がい者にやさしいまち。

地域防災計画を見直して
避難困難地域を抽出し、避難タワー建設へ
健康センターはるる
休日・夜間診療の深夜帯を週3日に増設!
観光交流センターの開設
観光バス駐車場、観光スポット整備
スケートパークの開園と市民参加型フルマラソン
(2020年度開催)
「お元気応援ポイント」事業
<高齢者の集いにポイント>開始

市民の声を聴くでは老若男女と語り合う機会を積極的に!

地域に出向いた回数
1,300回
松阪市内の隅々まで出向いて市民の皆さまの意見を聞きました 市内全5高校・市内全11中学校・市内全36小学校・市内17幼保に出向き、意見の聞き取り、その他、地域との懇談会など
200回突破!

市役所改革では市民のための市役所に!

大規模な組織改正 15部局→9部局
事務事業の集約化 1,000事業→870事業
子育て世代・障がい者・高齢者などの働き先の相談に、市役所内に開設
「ハローワーク就労の広場」
自動交付コーナー 証明書などの窓口は
平日20時までオープン!

その他あらゆる機会を通じて市民皆様の意見を聞き、市政に反映させる体制を構築!

公 約

松阪市はもっと進化する!一緒に元気な松阪をつくりましょう!竹上まさと松阪市長

子ども
●学力向上に向け英語教育などさらに具体的な取組みを進めます。●障がいのある子どもたちが通う地域の学校と特別支援学校とのさらなる連携や交流を図ります。●放課後児童クラブと学校との連携、保護者の負担軽減を図ります。●ワンモアベイビー支援策・3人目応援プロジェクトを進めます。(3人目以降は上の子が18才まで保育無料)●児童虐待防止のために児童相談所とさらなる連携を図ります。
高齢者・医療
●超高齢社会対策に向けて制度設計を図ります。●成年後見センターなど認知症への対応策を実現します。●地域包括ケアの実現のための連携対策を講じます。
雇用
●新しい工業団地を作ります。●県内外の優良企業等の誘致をトップセールスで実現します。
対話・連携
市民懇談会や市民の皆さまの声を聴く機会をふやし、また皆さまへの情報発信も積極的に行います。
まちづくり
●住民協議会・自治会・公民館等、地域団体の皆さまの協力でまちづくりを進めます。●若者定住に向けさらに制度を充実していきます。●中山間地域の振興と自然の保護を図ります。
スポーツ文化
●スポーツと連動したまちづくりを進めていきます。●フルマラソンを着実に進めていきます。
行政運営
●借金を増やさない(臨時財政対策債を除く)●行政情報アプリで欲しい情報だけを提供します。

地味だけど良い政治

私は親しい人からよく「地味な男」といわれます。たしかに派手なパフォーマンスをしたり、耳障りの良い「うまいこと」を言えない無骨な男です。
しかし、この地味さこそ、私の良い点であると自負しています。
そして、そういう地味な人間であるからこそ、松阪を本当に市民が輝くようなまちにできると思うのです。
地に足のついた、本当に市民の暮らしを良くする政治」をしたいと強く思っているのです。

市政において大事なことの一つがスピードだと思っています。
「できることはすぐやる」「実現可能なことからまず実行する」この姿勢を貫いていきたいと思います。

また、一方で、本当に良いまちづくりは、短期間で叶うものではなく、成果を見るまでには息の長い努力を重ねていかなければならないとも思っています。
松阪全体を見据え、腰を据えて、一見地味ではあっても、善い政策を重ねていきたい!と…。どんな理想も、ひとりの力で成し得ることはできませんし、絶えず多くの方々の意見を聞いて、それを反映させていく柔軟性も失ってはならないと自戒しています。

みなさんの意見を聞き、皆さんと力を合わせて、みんなで一緒に、より良い松阪をつくっていきましょう!
どうか、力を貸してください。

竹上まさと