北海道各地の郷土資料館、記念館などを訪れると江戸時代末期に樺太、国後島、択捉島などを含めた広大な蝦夷地をアイヌの人たちの助けを借りて歩き膨大な記録を残された松浦武四郎の業績を称えた資料が展示してあり、また各地に歌碑、顕彰碑などが建てられています。松浦武四郎はアイヌ民族を友とした人権感覚豊かな人で「北海道の名付け親」としても知られています。北海道での長期滞在やゆとりのある旅のときは松浦武四郎を学びたいものです。

北海道の名付け親 松浦武四郎
 松浦武四郎は文政元年(1818年)伊勢国一志郡須川村(三重県一志郡三雲町小野江から松阪市小野江町となる)に生まれ明治22年(1888年)に没す。
 28歳から42歳の成壮年期に蝦夷地を六度にわたって踏査し、詳細な内陸地図(東西蝦夷山川取調図)を完成。
 36歳のときは開国史上もっとも重大な年であった。領土拡大に燃えるロシアはプーチャーチンを遣日使節として樺太国境確定交渉に来た。
 松浦武四郎は自伝に「ロシアよりカラフトの境界の事を申来りしが故、彼地の事を委しくなしたる者は無かと御尋にて、我が殊の外官より探されし由なりけり」と書いているが当時、松浦武四郎こそが蝦夷地にもっとも詳しい人物であった。
 彼は幕府の蝦夷調査係として雇われ、1856年以後、三度、彼にして四・五・六度目の調査を行った。
 明治二年、「蝦夷地道名国名郡名之儀申上候書付」によって「北海道の名付け親」と言われるようになった。
 しかし、この「北海道」は、彼の「北加伊道」の本意を汲み取ったものではないことは明らかだ。
 もし、彼の「北加伊道」を正確に意図する政策が取られていたなら、彼は六ヶ月間の短さで開拓判官を辞任しなかったであろう。
 また、「丁巳東西蝦夷山川地理取調日誌」「戊午東西蝦夷山川地理取調日誌」「近世蝦夷人物誌」が発禁とならずにその思想が広く受け入れられていたなら、我々日本人は植民地政策で自国の文化を押し付け、ことば、文字、文化、尊厳を奪うような愚かな行為をしなかっただろう。
 松浦武四郎は日本人による暴虐に苦しむアイヌ民族の側にたった唯一人であり、その記録の中にこそ、私たちが進むべき道がある。

 オロロンラインの小平町道の駅「おびら鰊番屋」の前の道路を隔てた日本海側に海と空の青さを背景にして立つ銀色のトワイライトアーチの脚下にアイヌ文様の陣羽織を着た松浦武四郎がいる。凄い像である。松浦武四郎はこのあたりの様子を蝦夷日誌、廻浦日誌に記録している。北海道各地には松浦武四郎の記録が唯一昔を語る地が多い。
 
 尊敬する松浦武四郎研究家の秋葉實先生はHBC制作のテレビ番組「発禁!幕末北海道ルポ」の中で「松浦武四郎は蝦夷地をどれぐらい歩いたのでしょうか」の質問に、「無責任な表現かもしれませんが北海道を一周して2500キロから3000キロと考えると2万キロは歩いているでしょう」と語っておられる。
 いったい、なにが武四郎をそこまで歩かせたのだろうか。
 九州にいたときに聞いたであろうイギリスとのアヘン戦争で蝕まれる中国の情報、尊皇攘夷的思想の彼のロシアの南下政策への危惧からだろうか。
 どのように説明されても僕は理解に苦しむ。
 カムイの国へ行ったら、武四郎翁に教えてもらいたいと思っている。

 根室市観光協会のポスター「冒険者たちの岬」である。「東のはじまり」の根室に相応しいまさに「これぞ北海道のポスター」である。
 高田屋嘉平衛、最初のロシアの遣日使節のラクスマン、水上飛行機で根室港へ寄港したリンドバーグとともに松浦武四郎が最上段に描かれている。
 松浦武四郎は根室でも称賛されるべき第一級の人物なのである。
 今、北方領土返還運動を象徴する納沙布岬は冒険者たちが夢見た岬。
 この地でも松浦武四郎を忍ぶことができる。
 愛車のキャンピングカーを岬に停め深夜間近にみえる未だ還らない島の灯台のあかりを見つめ、「武四郎はもっともっと先の国後、択捉まで行った。ここは武四郎の東への旅立ちの地」であった。
 まさに根室はポスターのように、「ここは彼の東のはじまり」の地であり、宗谷は北蝦夷、即ちカラフトへの地であった。
 松浦武四郎は北に向かって流れる大河 天塩川筋を見極めなければと思っていたが「此川すじの事は中々尽すべきにあらざれば他日可認しと残し置きたり」(廻浦日誌)と第五回目の安政四年に調査をした。
 その出発地である天塩川河口の鏡沼海浜公園に松浦武四郎の像と碑がたっていることを教えていただいたのは天塩川歴史資料館の館長さんであった。
「天塩川流域を語るには松浦武四郎を抜きにしては語れない」と言われたのが印象的であった。
 安政4(1857)年、武四郎は天塩川流域を調査。
 現、音威子府でアエトモから「アイヌは自分の国のことをカイと呼ぶ」と教えられた。 後年、彼はこのことから「蝦夷地」を「北カイ(加伊)道」と呼ぶように提案した。
 即ち、「北のアイヌの人たちの国」の意である。
 しかし、明治2年8月15日(現、9月27日)の政府は「北加伊道」を「北海道」として命名した。
 この像を見た夜は武四郎がアイヌの人から「鮭がのぼらない」と聞いたサロベツ原野のど真ん中で寝た。
 岩内郷土資料館の観覧券に印刷してある松浦武四郎一行の絵は山岸正巳画伯作で館内にある。
 その大きさに驚く。
 この資料館へ行った日は日本海から冷たく強い風の吹く日であった。ストーブに当たらせていただきながらこの絵について話を聞いた。
 とにかく北海道の資料館等には松浦武四郎に関する資料の展示がたくさんある。
 いずれの地でも松浦武四郎が記録した内容が誇らしげである。
 松浦武四郎の蝦夷地での偉業はアイヌの人たちの手助けがあったからである。
 アイヌの人たちと武四郎の心のつながり、アイヌ民族への和人の暴虐の理不尽さを訴える武四郎への信頼が9558箇所ものアイヌ地名で埋められた蝦夷地内陸部の詳細な地図「東西蝦夷山川地理取調図」を生み出した。
 武四郎の「丁巳東西蝦夷山川地理取調日誌」「戊午東西蝦夷山川地理取調日誌」「近世蝦夷人物誌」が出版禁止にならず、世に受け入れられていたら、明治以後、私たち日本人は異民族にことば、文字、文化を押し付け、民族の尊厳を奪うような愚かな植民地政策を取らなかったかもしれない。
 松浦武四郎は明治22年に亡くなったが彼の膨大な記録の中に、今、私たちが進むべき道標がある。

戻る