婦人病
その辛さを「仕方が無い」と諦めないでください。


女性は男性とは比べようがないほど、繊細なホルモンの分泌機能を有しています。 排卵周期によるホルモン分泌の変化だけでなく、年齢によるホルモン量の増減などの影響で、女性特有の症状が出現します。 外的・内的要因で大きく変化し、特に交感神経が優位となった状態では、分泌周期の乱れが生じやすく、 脳内のリズムと体内のホルモン状態の不一致が、疼痛・倦怠感といった症状を引き起こすことがあります。 当院のカイロ治療では、自律神経バランスを整え、リズムの同期による症状の軽減・解消を目的に、頸部・胸部・骨盤の調整をします。 女性特有のホルモンが骨格の不安定性をもたらすことがあるため、男性と比べると定期的な治療が必要です。



0.トップページに戻る


電話をかける
0598-26-5433