応急処置
ライン

1.打撲・ねんざ・脱臼・骨折
@ 安静:ただちにプレーを中止。無理なプレー続行は、
   靭帯損傷などを悪化させるおそれがある。

A 冷やす:アイシングで内出血や腫れを最小限にするほうが、
   その後の治りが早くなる。

B 圧迫:内出血や腫れを最小限にするため、弾力包帯か
   テーピングで圧迫する。

C 拳上:患部を心臓より高く上げておけば、腫れを
   おさえ早く引かせる。

2.すり傷
@すぐに水道水で土砂を洗い流す。A洗ったら、きれいなガーゼを
  傷口にあてて処置をする。

B粉末式の外傷薬は、土砂やバイ菌ごと傷の表面にフタを
  してしまうので注意する。

.熱中症(命を失う危険性あり)
@体温が上昇し呼んでも応えず、意識がモーローとしていれば、
  熱中症の可能性が高くなります。
その場合は、
救急車を呼ぶ

*わきの下、太ももの付け根など、皮膚に近いところを
  走っている大きい血管を氷や冷水で冷やす。

A熱疲労や熱けいれんは、体の中の水分や塩分が失われて起こる症状です。
  涼しい場所に寝かせて、ベルト・靴下・ボタン等をゆるめて
  失われた水分や塩分を補給します。(吸収の早いスポーツドリンクが最適

B容態を見た上で、専門医につれていく。

.人工呼吸の方法
呼吸が止まると、血液中に酸素を運べなくなり、
体は仮死状態になります。
人工呼吸や心臓マッサージの処置が早ければ早いほど
救命の可能性は高くなります。

@気道を確保する。
 あごを持ち上げながら、頭を後ろへ反らせて気道を
 確保した状態で、鼻の穴をふさぐ。
A息を吹き込む。
  大きく口を開けて傷病者の口をおおい、2秒ほどかけて
 ゆっくり息を吹き込む。
 注)傷病者の胸がふくらむことを確認する。
B体の循環サインを観察する。
 鼻をつまんでいた指を離し、胸の動き、吐き出す息、
 体の動きなどを見る。
注意!!!
最初に行うときだけは続けて2回。それ以降は5秒に1回ずつ。
乳児・小児では2〜3秒に1回のリズムで吹き込みます。

.心臓マッサージの方法
人工呼吸をしても呼吸や体の動きがない場合は、
心臓マッサージを急ぐ必要があります。

@圧迫部位を確認する。
みぞおちから指2本くらい上の位置が正しい圧迫部位。
A圧迫部位に手をおき、もう一方の手を重ねる。
手を組んだ場合、指先が傷病者の胸につかないようにする。
Bひじを伸ばして、垂直に圧迫する。
胸が3.5〜5cm沈むくらいの力で圧迫し、
1分間に100回の速さを目安とする
人工呼吸と心臓マッサージを交互に行い
心臓機能と呼吸機能を蘇生させます。
☆人工呼吸を2回、心臓マッサージを15回の割合で行う。
心臓マッサージは、毎分100回のリズムで。

AED(自動体外式除細動器)
電気ショックが必要な心臓の状態を判断できる心臓電気ショックの器械です。
AEDは除細動が必要かを自動で判断し、(必要ない場合は作動しない)
救命の手順を音声にて指示します。
AEDは除細動を含めた救命行為が簡単に出来るように作られています。
(たくさんの人が集まる公共の施設にある)

.止血
【止血の基本原則】
原則としては外傷による外出血に対して、圧迫と出血部位を
心臓よりも高い位置にあげることが効果的です。
【止血法の種類】
@「直接圧迫法」
出血部位に直接ガーゼや布を当て、その上を手で強く圧迫する方法。
A「間接圧迫法」
出血部位より心臓に近い動脈のある一点(止血点)を手や指で
強く圧迫して血の流れを止める方法。
この方法は頭部の一部と四肢にしか使用できず、
適切な圧迫部位を探すのも困難でありるためあくまでも一時的、応急的なもの。
止血帯を使って一時的に抹消の血流をとめてしまう方法は
スポーツ現場においては用いられることがないと考えてよい。


7.のどに物がつまったとき
背部叩打法
背中の中央部を叩いて気道内の異物を排出させる方法です。
8.やけど
やけどの面積が小さい場合
やけどの部分にきれいな水をゆっくり流しながら痛みや熱さを
感じなくなるまで、十分に冷やします。消毒ガーゼなどで軽く覆い、病院へ

9.鼻血
@出血している側にガーゼを丸めるか、綿で綿球を作って、入れ、
 鼻の外側から鼻の真ん中に向かって、約10分間圧迫します。
 ガーゼも綿球もないときはティッシュを固めに丸めて、入れます。
A鼻の上部をタオルで冷やします。
B上向きに寝ると血液がのどの方に落ち、飲み込んでしまうので、
 座るか腹這いになる方がいいです。
C鼻血の処置でしてはいけないことは、首を後ろに曲げたり叩いたりしないこと、
 仰向けに寝かせないことです。


10.突き指
@突き指はいわゆる「指の捻挫」状態であり、関節を保護している指の靭帯が
 衝撃を受けて伸びたり、場合によっては切れたりする状態のことです。
 また衝撃がひどい場合には骨折、脱臼なども考えられます。
 受傷直後は患部を動かさないように軽く曲げた状態で固定し、氷、
 アイスパックなどで冷やします。冷やした指の腫れが2〜3日で
 ひくようなら医療機関にいく必要はないでしょう。
 指を引っ張って整復するのは脱臼のときのみであり、靭帯損傷や
 骨折の場合にはかえって症状を悪化させることになるので注意が必要です。
 2〜3日たっても症状が改善されない場合は早急に医療機関を
 受診するようにしましょう。
11.足がつったとき
足がつったときはあわててしまいがちですが、ゆっくり息を
吐きながらつった筋肉をストレッチしていくようにします。
伸ばせるようになってきたら少しずつマッサージをしていき、
血液循環をよくしていきます。足がつったときには冷やすのではなく、
筋肉を温めるようにします。
12.蜂刺され
屋外で活動しているときに蜂に刺されてしまった場合、
一番注意しなければいけないのはショック症状が起きているかどうかです。
(アナフィラキシーショック)。アナフィラキシーショックは刺されてから
短時間でおきますので、しばらくしてもショック症状が見当たらない場合は
緊急性が低いと考えられます。蜂に刺されたときはまず局所に
刺された針が残っていないかを確認し、残っていればピンセットなどで
針を抜きます。その後氷などで冷やし、腫れや熱感、かゆさなどを軽減させます。
落ち着いたところで抗ヒスタミン剤(かゆみ止め)を塗布し、
必要に応じてステロイド剤(消炎鎮痛剤)なども塗布します。
蜂刺されからショック症状に陥ることはまれですが、万が一、顔面蒼白、冷や汗、
立ちくらみ、全身の蕁麻疹などがみられた場合はアナフィラキシーショックの
初期症状である可能性があるため、すぐに病院に行くようにしましょう。
また以前に蜂に刺された経験があり、二度目以降の場合もアナフィラキシーショックを
引き起こすことが多いので、蜂に刺されたときに以前に刺された経験があるかを
確認しておくとよいでしょう。
アンモニア水を使って蜂の毒を中和するという対処法は現在では行われていません。
蜂の毒はおもにたんぱく質であり中性に近く、アンモニアのアルカリ性は
あまり効果がないばかりか皮膚を傷める原因となるようです。