学び続け、つながり合い、笑顔かがやく松江の子

学校沿革

      
年号 西暦 出来事
明治 5年1872 太政官布告(学制発布)
明治 19年 1886 小学校令公布
明治 20年 1887 学校令改正により船江尋常小学校と改称
明治 22年 1889 大日本帝国憲法発布 松江村できる
明治 25年 1892 松江尋常小学校と改称
明治 34年 1901 高等科設置 松江尋常高等小学校となる
大正 5年 1961 旧校舎落成式
昭和 5年 1930 木造2階 校舎4教室増築
昭和 16年 1941 国民学校公布
昭和 22年 1947 日本国憲法 教育基本法 学校教育法公布
新学制発足 松江村松江小学校となる
昭和 23年 1948 松阪市と合併 松阪市立松江小学校となる
昭和 46年 1971 プール竣工
昭和 51年 1976 新校舎落成 公開 研究発表会
昭和 55年 1980 公開研究発表会
昭和 57年 1982 鉄筋コンクリート2階校舎4教室他増築 公開研究発表会
昭和 59年 1984 公開研究発表会
昭和 62年 1987 公開研究発表会
昭和 63年 1988 体育館完成
平成 3年 1991 校創立百週年式典 公開研究発表会
平成 4年 1992 五日制試行県指定
平成 5年 1993 五日制月2回県指定
平成 6年 1994 五日制月2回国指定 公開研究発表会
平成 8年 1996 プール改築工事
平成 10年 1998 校舎耐震工事
平成 13年 2001 保護者へ学校教育方針を示す
バリアフリー工事(スロープ)
二学期より毎月1回の自由参観日実施
平成 14年 2002 完全学校五日制となる 二学期より各学年英会話に取り組む
平成 15年 2003 5月に第1回学校総会開催
9月に地域と共に地震対策の避難訓練を実施
12月に松阪地区人権同和教育実践交流会(西中校区)