松江(まつえ)小学校へようこそ。 校区には、松阪市民文化会館、松阪市図書館、松阪市文化財(ぶんかざい)センターなどの文化施設(しせつ)があります。時には、近くにある鈴の森公園に出かけ、美しい環境(かんきょう)の中、野外学習(やがいがくしゅう)を行っています。


松江小だより
学年のページ
学校案内
行事予定
校長室から
教育目標
校歌
学校沿革/同窓会
図書館
学校周辺
松阪市立松江小学校いじめ防止基本方針
松阪市立松江小学校いじめ防止基本方針
過去のお知らせ

> 12月   > 11月
> 10月   > 9月
> 7~8月   > 6月
> 5月   > 4月

平成27年度
>3月   >2月
>1月  >12月  >11月
>10月後半  >10月前半
>9月    >7・8月
>6月  >5月  > 4月
平成26年度
> 3月  > 2月  > 1月
> 12月  > 11月
> 10月#2  > 10月#1
> 9月  > 7月
> 4〜6月
平成25年度
> 3月 > 7~8月
> 6月 > 5月
平成24年度
> 11月〜1月 > 10月
> 9月 > 8月 > 7月
> 6月 > 5月 > 4月
平成23年度
> 12月 > 11月 > 10月
> 8~9月 > 7月 > 6月


松江小学校
〒515-0818
 三重県松阪市川井町380番地1 
Tel:0598-21-0781 
FAX:0598-21-8215 
Eメール:matue2es@mctv.ne.jp

 



◎  弓削田健介さんコンサート
2017/1/16
  子どもたちに、「人とつながり」「歌でつながり」「人を想う大切さ」「命の大切さ」を伝えてもらえる、「放浪の合唱作曲家」弓削田健介さんと出会ってほしいと、コンサートを計画しました。

   子どもたちには「弓削田さん」の名前はふせてありました。6年生は、学習発表会で披露した歌「ドリーム&ドリーム」の指導で、弓削田さんの姿を映像で見ていたのですが、「まさか」と驚きが大きかったようです。

   弓削田さんのやわらかい、やさしい歌声に、わたしたちは引き込まれていきました。
 「ハナミズキ」「ビリーヴ」「野に咲く花のように」「アンパンマンのマーチ」「いただきます」「手をつなごう」「しあわせになあれ」「ドリーム&ドリーム」など、歌詞に込められた想いを届けてくれる弓削田さんの歌声でした。
  歌詞が映し出されると、弓削田さんの歌声に導かれ、「知らんけど歌えた」と笑顔の子どもたちの姿に、 ほのぼのとした想いと元気をもらいました。
  歌とともに、弓削田さんが出会った人とのエピソードは、心に残ることばの連続でした。
  • 路上ライヴで出会ったおじさんは「名前は親がつけてくれた宝物」「名前には祈りがある」と。
  • 小児病棟に入院する子どもの願いは「学校に行くこと」。
  • ホスピスで出会ったお坊さんのことばです。
    「あなたがくだらないと思っている今日は、昨日亡くなった人がなんとかして生きたかった、なんとしてでも生きたかった今日なんです。今日はそんな日なんです・・・」
  • 東日本大震災後、生かされるものとして夢を大切につながっていこうと決意する卒業生の答辞
  弓削田さんがコンサート以外に継続している取組紹介にも、「夢をもち、人を想い、つながる」ことへのメッセージがあふれていました。「わあ、すごい」と身を乗り出し、見ていた子どもたちでした。
   歌ったり踊ったり、映像を見たり、あっという間の1時間余り。

   最後に6年生から、お礼のことばとともに、「ドリーム&ドリーム」を振付とともに歌い、リコーダーで「ふるさと」「ハナミズキ」と演奏しました。
  弓削田さんの「ハナミズキ」の歌で始まり、6年生のリコーダー演奏「ハナミズキ」でコンサートは終わりました。
  コンサート終了後、6年生は弓削田さんと給食を食べたり、話をしたりしてつながる時間をいただきました。

  子どもたちのお手紙、作文等には、歌詞に込められた想いを大切にしたいこと、歌が自分たちを元気にしてくれることなど、弓削田さんへの感謝の気持ちが、自分のことばで綴られていました。
  

◎  後期後半が始まり、子どもたち元気です
2017/1/10、12

 
  10日から始まった後期後半。寒波到来ですが、子どもたちは朝、片づけが終わると、運動場で元気いっぱい遊んでいます。学習と共に12日には給食も始まり、学校には元気な子どもたちの姿、声があり、いつもの生活が戻ってきています。


   初日は9時から、冬休み明け集会がありました。

  少し早めから体育館に入り、とても静かに待っている高学年の姿に習い、続くどの学年も素晴らしい態度で、静寂の中、集会が始まりました。校歌を歌う子どもたちの元気な声が体育館に響きました。

  私からは「とり」年にちなんで、いろいろなことに「とり」組むために、大切にしてほしい4つについて話しました。
  「目標をもつ」「あきらめない気持ち」「一つしかない命」「感謝する気持ち」を大切に、ゆっくり、じっくり、まとめの日々を過ごしていきたいと思います。

  それぞれの担当教諭から、冬休みの振り返りについて、寄付いただいた「奥村文庫」の書籍について、連休にあったサッカー大会について、静かに話を聞く子どもたちでした。
  

◎ がんったサッカー大会
2017/1/7、9
【1日目試合前ミーティング】

  1月三連休の7日、9日の両日、松阪市小学校サッカー大会が開かれました。

  年末に加え、お正月明けの5,6日も練習を重ねた14人の子どもたちは、7日2回戦で射和小と対戦し、3対1で勝ち、二日目の準々決勝へと駒を進めることができました。

  8日は悪天候のため、9日に順延となり、準々決勝では第三小Aと対戦しました。
  向かい風の中、2点のリードを許した後、前半に1点、後半でも1点取り、同点になりましたが、3対2で敗れました。よく走り、よく守り、顔がん晴ばった子どもたちです。

  松江小児童、保護者の方々、地域の方々の温かい応援の中、両日とも、随所に好プレーが見られ、子どもたちの健闘が光りました。

   選手のみなさん、お疲れさまでした。

  応援ありがとうございました。

【射和小戦】

【2日目第三小A戦】
  

◎ サッカー練習試合
2016/12/26

  サッカー大会に向けて、子どもたちは午前中練習し、午後から松尾小、阿坂小との練習試合に臨みました。

  保護者の木村さんに審判をしていただきました。ありがとうございました。

  子どもたちは、2試合とも得点を重ね、22日雨で流れた練習試合の分も体を動かしていました。

  試合後、一人一人が自分の動きを振り返り、その思いを聞き合う時間でした。

  木村さんから、「周りがもっと声を出すことで、ドリブルで抜きやすくなる。」とアドバイスをいただきました。

  明日の練習につなげましょう。


  今年もあと残すところ、数日となりました。

  職員玄関には、校務員さん作成のミニ門松が飾られ、新年を迎える準備もできた松江小です。

  今年もご理解、ご協力いただき、ありがとうございました。

  よいお年をお迎えください。
  


>> 前の月へ

    
 

 

トップページ松江小だより学年のページ学校案内学校周辺

 

CopyRight(C) 松阪市立朝見小学校 All rights reserved.