(東海地震注意情報発令時若しくは警戒宣言発令時の登下校)

18条 東海地震注意情報発令時若しくは警戒宣言発令時は、臨時休校とする。

2 東海地震注意情報発令時若しくは警戒宣言発令時は、生徒の登下校は以下のとおりとする。

(1)       在校中に発せられた場合

授業を中止し、あらかじめ定められた方法で速やかに帰宅させる。

(2)       登校時に発せられた場合

原則として登校させる。家を出た直後であれば家に戻ることもある。

(3)       下校時に発せられた場合

原則として下校させる。学校を出た直後であれば学校へ戻ることもある。在宅中に発せられた場合生徒は登校させずに自宅待機とする。

3 東海地震注意情報若しくは警戒宣言が解除後の登校については、学校から連絡が行くまで自宅待機とする。

(中部中学校消防計画より抜粋)

 

東海地震に関する最新情報は、以下のページでお知りになることができます。

防災みえ.jp       http://www.bosaimie.jp

気象庁ホームページ     http://www.jma.go.jp

 

(台風時の取扱いについて)

暴風警報が三重県中部地方や三重県全域に発令された場合

○始業前に暴風警報が発令された場合

生徒は自宅待機する。11時までに解除された場合は、解除後2時間の余裕をもって登校し授業に参加する。11時までに解除されない場合は休校となる。

○始業後に暴風警報が発令された場合

授業を中止し、安全に注意し直ちに下校する。ただし、状況により最も安全な場所に待機させ保護者に連絡することがある。

○暴風警報の有無に関わらず、安全確保のため、学校長の判断で休校とする場合がある。

 

夏季休業等の長期休業期間中の部活動等は、上記の内容に準じて対応します。