DAISUKE MASK  PROFILE


HIPHOP語り人。リーディングラッパー。

1999年、21歳の頃にHIPHOPに出会う。
その後、日本語ラップの魅力に惹かれていく。
音楽は聴くだけであったが、次第に自分でも音楽活動をしたいと思うようになる。
2003年〜2008年、HIPHOPの要素を取り入れたロックバンド「ハッシャ・ダイ」のヴォーカルとして活動する。
ハッシャ・ダイとして活動する中で、自分の音楽の方向性に気付きはじめる。
自分のやりたい音楽がはっきりと分かり、2008年7月にハッシャ・ダイを解散する。
しかし、ハッシャ・ダイでの活動を終えた後、しばらく音楽活動を再開できずにいた。
音楽活動はやめようと思った時期もあったが、HIPHOPをやりたいという思いは捨てられなかった。
2009年の秋頃から、DAISUKE MASKとしての活動に向けて急速に動き出す。
DAISUKE MASKという名前も、この時に決めた。
そして、2010年3月6日、DAISUKE MASKの活動がスタートした。

自分なりのHIPHOP、自分の表現方法、自分の言葉、自分だけのラップで、”思い”を伝えたいと思っている。


BACK